ウィスパーボイスの音楽をまとめてみる 女性編

ウィスパーボイスが好きです。吐息の多い声や高周波成分が多分に含まれたその歌声を聞いていると、なんというか天にも昇る心地ですよね…今回は自分が今まで出会ったウィスパーボイスが特徴的な女性ボーカルの音楽をご紹介していこうと思います。

 

Matryoshka

ジャンルでいうとエレクトロニカの曲を作っている日本人グループです。どこか退廃的で美しい音楽が特徴です。ウィスパーボイスの歌唱があるからこそこの世界観が成立していると思います。「Anesthetic」は弱々しい気持ちになりたい時によく聞きます。吉本彩子という方が手がけるジャケットも、恐ろしさと儚い美しさが同居している感じを醸し出しています。

 

Spangle call Lilli line

メンバー全員が音楽以外に本業を持つ異色のバンドです。バックの曲との関係性や音韻を意識して意味が繋がることを重視しないナンセンスにも見える歌詞とボーカル大坪加奈のサラサラした気怠い歌唱が特徴です。音楽性もさることながら、言葉遊びのような歌詞が謎を孕んで詩のようで、解釈する欲求を駆り立てます。

 

青葉市子

日本人の女性シンガーソングライターです。ネックの太いクラシックギターを歌いながら弾きこなすだけでもなのに、その美しい声で歌われた日にゃあ、ですよね。とても好きなアーティストです。

青葉市子はカバー曲も素敵で、坂本龍一の「KOKO」という曲に大貫妙子が歌詞をつけた「3びきのくま」という曲のカバーや七尾旅人の「サーカスナイト」のカバーは絶品です。下は4thアルバム「0」のジャケットです、ミニマル…

 

やくしまるえつこ(相対性理論)

最近はアニメの主題歌などでも有名なやくしまるえつこです。申し分のないウィスパーボイスです。相対性理論やこの人のソロプロジェクトはナンセンスな歌詞も相俟って中毒性が非常に高いですね。

 

Múm

エレクトロニカ界隈では有名です。ただ、メンバーの出入りが激しいグループで、その音楽の変遷も結構大きいです。ウィスパーボイスが聞けるのは初期の双子のボーカルが主だった時代です。「finally we are no one」で聞ける何処かしら幼さを感じさせるボーカルが素敵です…

 

Mandalay

あまり有名でないですが、私の中でウィスパーボイスと聞いた時に思い浮かべる理想的な声のボーカルだったので印象に残っているグループです。曲の雰囲気はPortisheadに似てますね。Nicola Hitchcockの刺さるような高周波成分とヴィブラートが強くかかった歌唱が素晴らしいです。このグループの曲が好きというよりは声にすごく惹かれます。

 

 Daughter

Daughterはインディーロックの4ADに所属するイギリスのバンドです。私はPixiesが学生時代好きだったのですが、そのPixiesが在籍していた4ADのアーティストを調べていて突き当たりました。残響が強いメランコリックな音楽が特徴です。ネガティブな気持ちに浸りたい時は彼らの出番です。Daft Punkのファンキーな名曲「Get Lucky」も彼らの手にかかれば陰鬱な曲に早変わり。

 

Ringo Deathstarr

シューゲイザー(これは次回の男性編で少し詳しく述べます)と呼ばれるジャンルに属するバンドです。紅一点美人すぎるボーカルAlex Gehringの歌声がエロティックで素敵すぎます。彼女はモデルもやったりしてるようで、かなり大胆な写真もあったりしますので探してみてください(笑)。

今回は女性編ですが、ギター兼男性ボーカルのElliott Frazierのウィスパーボイスが聞ける曲も沢山あっていいです。アニメ「輪るピングドラム」ED主題歌をカバーしたりもしてます。

 

まとめ

今回はウィスパーボイスの女性ボーカルが特徴のグループやシンガーを紹介しました。

次は男性編も書こうと思います。

return-top