漫画「我らコンタクティ」の紹介

今回はマンガ大賞2018にノミネートされている漫画「我らコンタクティ」について紹介したいと思います。

 

「我らコンタクティ」について

「我らコンタクティ」は森田るい作による漫画です。

平凡な会社員女性である椎ノ木カナエと、彼女の小学校時代の同窓生である中平かずきがロケット開発を行うという、概要のストーリーだけ聞くと少し破天荒なお話です。よくある山あり谷ありの民間ロケット開発の物語なのかな?と初めて手に取ったとき思いましたが、読んでみると想像していた内容と全然違う内容で驚きました。

ここからは「我らコンタクティ」のどこに魅力を覚えたか、書いていこうと思います。 少しネタバレが混じるかもしれませんのでご注意ください。

 

ロケット開発の理由が素っ頓狂

物語の始まりは、冴えない会社員生活を送っており、金にがめつい椎ノ木カナエが中平かずきに出会うところから始まります。かずきは工場に務める傍でひっそりロケット開発を行なっていました。そのかずきのロケット開発の理由が個人的にツボでした。

なんとその理由は「UFOに小学校の頃見た映画を見せたいから」というものでした。そのために、工場から材料や燃料をくすねては夜な夜な開発を行なっていたというのです。素っ頓狂ですよね。

ただ私にとってこの箇所はすごく魅力的に映りました。というのも、かずきは「自分だけの欲望」に基づいて動いているからです。

この「自分だけの欲望」を知っている人って実は少ないと私は思います。「お金への欲望」「異性への欲望」「地位や権力への欲望」これらの欲望は多くの人がそれを欲望しているから欲しがるのであって、自分から湧いて出た欲望でないことが多いように思います。

「いや私は自分だけの欲望を持っている」という人もいるかもしれませんが、それも「他人と同じような欲望を持ちたくない」というこれまた多数の人が抱く俗な欲望であるということも少なくありません。だから「他者から個性的に見える欲望」を探そうとする。

この辺りの問題はレビュー記事を書いた、「The Beginner’s Guide」の承認欲求の話に繋がるところがありますよね。

その点かずきはそのような卑しい欲望から遠いところで湧いた欲望を抱いているように感じられるのです。まるで子供が持つ初期衝動を抱えたまま大人になったような…。魅力的な人物像です。

 

登場人物たちの弱さの描写

この漫画は人間の弱さの描写が秀逸だなと思います。

火が燃える様に惹かれる梨穂子とか、我が道を行く弟かずきに対して引け目を感じているテッペイとか。

印象的なエピソードとして、梨穂子が、楽しそうに開発を行なっているカナエやかずきを見ていて負の感情が膨れ上がり、ロケット開発現場に灯油を撒いて火をつけようとする場面があります。その時の一連の描写が心に刺さります。梨穂子の悲痛な言動に共感を覚える人も多いのではないでしょうか。

参照:講談社アフタヌーンKC 森田るい『我らコンタクティ』 91pより

この漫画ではそんな「弱さ」に対し、全編を通して暖かい視線が注いでいて、読んでいて優しい気持ちになります。

 

終盤の静かなカタルシス

物語の終盤、ロケット開発も大詰めで、警察に打ち上げを妨害されながらもロケットを打ち上げる段階に移行します。

世界の命運を賭けて打ち上げるロケットなどではありません。極めて個人的な理由で打ち上げようとしているロケットです。

なのに、不思議と静かなカタルシスが読者を包みこみます。その読後感は是非読んで確かめて見てください。

 

まとめ

今回は漫画「我らコンタクティ」について紹介しました。作者である森田るいさんはこの作品以外はまだ読み切りの作品しかありません。今後の連載が楽しみな漫画家さんですね。

return-top